背景見本画下書① 2020/4/7

ややお久しぶりです。先週末ストレスの処理に失敗して片頭痛が大変酷く、折角ほぼ丸3日漫画に費やせる時間ができたというのに横になっている状態で、昨日ようやく1日かけて処理に成功して、成功した理屈もわかったので恐らく今後は順調に仕事できると思います。

さて今回は背景の見本画の下書き2枚です。正直キャラと違って背景なんて大体それぞれ1カットしか出てこないので、写真見ながら即興で書けるだろうと思ってたんですが、毎回それで無理な構図の絵コンテを切ったり何描いてるのか分からない作画になっているので、ちゃんと1枚の紙に書いてみました。

結果1枚描くのに1時間半もかかり、今まで小さいコマに描いて繰り返してきた先述の失敗を全て行いました。今まで自分がいかに背景描けなかったかを思い知りました。大きい絵が描けない人は小さい絵が描けないとヒューマン時代にあらゆる先生から言われてましたが、卒業してからはすっかり忘れており

モチベーション上げるために手塚治虫とか石ノ森章太郎の伝記見過ぎて自分も同じ様に書けるという訳の分からない思い上がりになってました。絵が苦手な人ほどというか自分で絵が上手いと思ってる人程、一度大きい紙に書いて欠点を洗い出してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。