中田敦彦はなぜテレビの仕事を減らしたのか

中田敦彦はなぜテレビの仕事を減らしたのか 芸能事務所に頼らないタレントが増えていく | テレビ – 東洋経済オンライン

彼の意見や指摘っていつも的を射ていて鋭い見方をしているなと思うんだけど、彼やキンコンの西野を見て感じるのは、ホントは自分たちがテレビから切られ始めてるのわかってるけど認めたくないって気持ち。確かに今は娯楽も多様化して映像番組が見られるのはテレビだけじゃないから、テレビの独占時代は終わった。だけどテレビが普及してもネットがどれだけ普及しても未だラジオ番組ってなくなってないし、テレビだって全盛期がいったん終わっただけで形を変えて今後も残るかもしれないし、今だって何だかんだ映像娯楽の半分以上はテレビが占めてる。自分達は先を見てる。テレビは切ってやった。なんて感じの言い方は止めて自分らはテレビに向いてなかったので他のこと中心にやっていこうと思います。くらいの言い方ならもっと印象も変わるんじゃないかなと思う。

まあ、今の自分が言えた立場じゃないんだけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です